藤井ひとし の 株式投資日記

信用取引

信用取引でも現物取引でも基本的な投資のやり方は安く買って高く売る事です。

ですが、信用取引の注意点は2つあります。

1つは、レバレッジが利かせられる事。2つ目は6ヶ月という期間が決められている事です。

ですから、基本的な投資やり方は短期での投資になります。

また、取引の間の金利も発生します。

ですから、信用取引では、現物株取引よりも短期的な考え方が重要です。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。